明るい作業灯でクレーンの点検もバッチシ

クレーン点検に作業灯は必須です

怖いメンテナンス不足

3月 24, 2014 | Posted in

工事に使う機械というのは、大きいものが多く、使い方を誤れば大きな事故に繋がる可能性がある。
しかし、しっかりと熟練した技術者が使用していても事故というのは必ず発生するものである。
クレーンという機械は重いものを高く移動させる機械であり、長いレーンの先に釣り針の様な形の引っ掛ける部分がある。
もし、何か大きなものを持ち上げている時にワイヤーが切れてしまったりすれば、とんでもなく大きな事故になってしまう。

こうした不安というのは、工事に関わる人であれば誰もが感じた事のある不安である。
そのため、クレーンなど大型機材の点検は慎重に何度も行われる。
簡単な点検であれば、何度やっても足りないという事は無いため、常に意識しておくべきである。

また、クレーンの点検だけでなく工事をするのであれば作業灯というのも必要になる。
作業灯とは、強い光を発するライトのことであり、幅広い範囲を明るく照らす事ができる。
そして、当然であるが作業灯にも点検が必要である。

深夜のクレーン作業時に、もしも作業灯が切れてしまえば大きな問題が発生する可能性もある。
そのため、常に明るく周囲を照らす事ができる状態にしておく必要があるのである。

OUT LINK

高所作業車は手っ取り早くレンタルしよう「高所作業車なび」

No Responses to “怖いメンテナンス不足”

Comments are closed.